「笑うかどには福来る」と言われますが、笑うという行為は体内の免疫力を高めるということが実証されています。

笑う生活は免疫力を向上させるのにつながる

笑う生活は免疫力を向上させるのにつながる

笑う生活は免疫力を向上させるのにつながる 「笑うかどには福来る」と言われますが、笑うという行為は体内の免疫力を高めるということが実証されています。人は笑うと副交感神経と交感神経の切り替わりが活発に行われるようになり、各内臓や器官に刺激が伝達されます。それによって神経ペプチドと呼ばれる免疫機能を活発にするホルモンの分泌量が増え、免疫力のアップにつながると言われています。この効果は「作り笑い」をする場合でも表われることが分かっています。また、笑うことによって顔の表情筋を動かすと血管が拡張して血行も良くなり、しわの予防にも効果があると言われています。更に、笑うことによってお腹に力が入った呼吸をすると、自然と腹式呼吸になってお腹が痛くなる場合がありますが、実はこれも免疫力を高める効果があると言われています。

では科学的な根拠としてはどういった内容があるのでしょうか。実は、免疫細胞の7割が集中している腸のあたりは、ストレスによる影響を強く受けやすい臓器と言われていますが、笑うことによって、ストレスの無い精神状態になると、副交感神経が優勢な働きをし、免疫細胞が活性化されるという科学的な報告が根拠の一つに挙げられています。そのため、笑う習慣を生活の中に取り入れることによって、免疫力を高め病気に強い身体づくりに役立つとされています。

Site Recommend